• 十二単について
  • プランから選ぶ
  • 衣裳一覧
  • お客様の声
  • アクセス
  • 歴史
  • 種類
  • 流れ
  • 豆知識

歴史

十二単画像

世界に誇れる日本を代表する衣裳「十二単」

本来、白い十二単は、皇后様、女帝がお召しになられる衣裳。これを現代の知識、技術で出来る限り平安時代の御産装束に復元し、現代でもお召し頂けるよう本来のものとは内容をアレンジして、よりお召し上がりやすく致しました。五衣には、裾に綿を入れて華やかに、唐衣には、金銀の尾長鳥の摺り文をして、裾を引く裳には、金、銀の大波の摺り文、魔除けの真珠やオーロラストーンがついております。
着付けも当時のままに、赤いお袴をはいて、その上から白いお袴を。十二単は、遙か平安より、長命で繁栄を願ってお召しになられていた衣裳です。御産装束なので、そのままに穢れを祓う、子宝に恵まれるという意味があります。1200年、脈々と伝わる、まさに世界に誇れる装束、それこそがこの白無垢十二単です。

歴史

十二単画像

唐衣(からぎぬ)

男性の束帯に相当する女性の第一正装。唐衣はその一番上に着る衣なので、十二単の装束の中で一番美しく構成され、唐服を模したところから唐衣といわれております。上半身を羽織るだけの短い衣で、背身頃は前身頃の約三分の二の長さ、袖丈より短く、桁も下の「襲(かさね)」を見せるため短く出来ています。奈良朝時代には袖がなかったが、藤原時代に袖がつけられました。地位により地質・色目・文様に区別がありますが、普通には地文の上にさらに別の色糸で上文を織り出した二重織物が用いられ、裏地には板引きの綾絹などが用いられます。

唐衣(からぎぬ)

袿を五枚重ねて着るので五衣と呼ばれますが、形や大きさは表着と変わりません。地質は綾、唐綾、絹などを用い、袷仕立てで、袖口、襟、裾が細めに見えるように中に挿んで着ます。
文様は地文のみで、五枚の色の重ね方や配合に美意識を働かせており、これを「襲色目(かさねのいろめ)」といいます。古くは十数枚重ねたこともありましたが、十二世紀末ごろから、五枚が正規となりました。

唐衣(からぎぬ)

単とも書きます。袿の下に着るもので、形は袿と同じですが、桁と丈が他の袿より大きく長く仕立てられています。色に決まりはありませんが、文様は菱に限られております。

唐衣(からぎぬ)

表着の下に着る袿で、打衣の名称はもと紅の綾を砧でうって光沢を出したことからつけられましたが、後には打つ代わりに「板引き」といって布地に糊をつけ、漆塗りの板に張り、よく干して引きはがして光沢を出すようになりました。色は紅色または濃色(こきいろ)で、紅に別名もある通り、紅染めの衣でもあります。

文部科学省認可 財団法人 民族衣装文化普及協会様 公式ホームページより抜粋

流れ

十二単制作画像

流れイメージ画像

平安装束体験所の十二単やその他の装束は、福呂一榮がすべて手作りで制作しております

装束仕立てといいまして、太い絹糸で、太い長い針(みすや針の溝おおくけ)を用いて、1寸を3針で縫うという技法で制作しております。装束は、平安時代の人々が、長命、繁栄を願ってお召しになっておられました。私も、お召しになられる皆様が、お幸せになられますようにと、ひと針、ひと針心をこめてお仕立てさせていただいております。装束の世界には、山科流、高倉流があります。
衣紋道という着付けだけでなく、お仕立てにも違いがございます。たとえば、山科流は、白糸でお仕立ていたします。高倉流は、布地と同色でございます。他にもいろいろな決まりごとがございます。

私のライフワークは、山科流の研究ではありますが、両方のお仕立てをさせて頂いております。狩衣は、高倉流のお仕立てです。袍などは、どちらもご用意しております。ご希望がございました場合は、お申し付けくださいませ。取り扱いできます品は、ホームページ上で載せています以外にも、神社様にかかわるすべての品をご用意できます。お気軽にお申し付けくださいませ。

【 福呂 一榮 ― プロフィール 】
先代より装束仕立て、着装を、厳しく仕込まれ、装束一筋35年。 亡義母は、十二単の第一人者として活躍、平成の御大典では、五節舞姫の着装を宮中にて御奉仕、宮中茶会の時には、美智子皇后様より、御礼とお励ましの御言葉を拝受いたしました。亡義母より十二単の指導を受け、伝統を厳しく守り山科流、高倉流の装束仕立にて、伝統装束を製作。母亡きあと、山科流家元稽古場に18年間通い、有識故実研究家の先生方にもご指導を受け、十二単一筋に日々励んでおります。現在は、山科流の装束仕立ての研究をライフワークに。宮廷装束の決まりごとを守った十二単を制作する傍ら、伝統文化普及のため、「株式会社弥栄」を運営。装束の体験、記念写真、製造販売、そして、束帯、衣冠、十二単の婚礼貸衣装や、様々な場にて着装講演に励んでおります。
  • 京都 葵祭女人列の着付けを、平成4年より18年余ご奉仕
  • 京都、市比賣神社のひいな祭りに束帯の着装実演平成4年より7年余ご奉仕
  • 京都 八坂神社舞殿 友禅組合の主催で、束帯十二単講演付き着装実演
  • 京都 文化博物館 束帯十二単着装実演 講演は、学芸員土橋様
  • 神戸 外国人クラブ ウイメンズクラブ 束帯十二単講演付き着装実演 2回
  • JR東海様の依頼で「葵祭」について講演、西日本私立小学校教員研究会にて講演
  • 大阪大学、法政大学、同志社大学、英知大学、両国高校他様々な大学のゼミなどで伝統装束の着装講演
  • 日本経済新聞MJにて婚礼掲載、京都新聞、読売新聞、東京新聞などにて体験所を掲載
  • NHKハイビジョン特集「信貴山縁起絵巻」「100分で読む方上記」NHK放送大学他、NHKの様々な番組の撮影協力、NHK衛星放送平成十九年特集番組「にっぽん力検定」に第1回目の回答者として出演
  • スーパーニュース、「おはよう朝日」ピンポン、NHK「京のいいとこ」、朝日放送「ココイロ」「ぶらり途中下車」など様々な番組に紹介頂いております。
  • JR東海様「そうだ、京都行こう」HPの京都人インタビュー23年3月より掲載中、帝国書院中学歴史教科書撮影協力 浜島書店国語教科書副読本撮影協力、タイの日本語教科書、国学院大学神道文学科教科書、国際交流基金のタイの日本語教科書その他数々の書籍の制作に束帯、十二単他写真提供
  • 婦人画報100年特別号で、婦人画報お勧めの体験所御紹介、上海万博の「源氏物語芸術祭」協力、文化芸術国際協会の催し参加など、各方面のイベントに参画
  • 装束製作は、各神社様御用、真宗三門徒派門主様、新門様、舞楽装束、舞台衣装、婚礼、 教育関係、海外からなど、多数。他には鞍馬寺幡5庭奉納
  • 教育関係は、香川県歴史博物館、兵庫県立歴史博物館、愛媛県歴史文化博物館、新潟県歴史文化博物館、徳島城博物館、長岡教育委員会、京都府立鳥羽高校、ボストン大学での舞台衣装他多数
  • 浦安の舞装束製作は100組以上を制作
  • イギリスBBCテレビ局の取材放映、中国西安国営テレビ(23年12月31日放映)や、NHKワールドテレビ(2月17日放映)にて、世界中に私制作の本格的な十二単の映像を発信
  • 平安装束体験所主宰
  • 文化芸術国際協会理事
  • 儀礼文化学会会員
  • 元衣紋道研究会京都支部会員
  • 有識研究会会員
  • 小笠原流弓馬術礼法同門
  • 国際京都学協会会員他多数の会に所属 現在に至る

流れ

十二単とは、公家女子の正装。平安時代の10世紀から始まる女性用の装束。

朝廷出仕の女官で部屋を与えられた者の朝服であるため女房装束といわれ,また日常着の袿(うちき)姿に 裳(も)と唐衣(からぎぬ)を加える服装であるため裳唐衣とも呼ばれた。

十二単は俗称で,単の上に数多くの袿を重ねて着た袿姿を指す

近世になって,それに裳と唐衣を加えた服装を誤って呼んだものと思われる。

袿(うちき、うちぎ)は公家装束を構成する着物の一つ

主に女性の衣だが、男性が中着として着用する場合もある。

昔は袿の枚数を「単」で表し、2枚重ねると「二単」、7枚重ねると「七単」

単を着て、言葉のまま上に12枚の袿を重ね着した重ね袿姿で平徳子は入水したという意味になる

男性用装束の種類の一つである「直衣」は、もともと「ただの衣」(平常着)という意味であり、女性の「直衣」に当たるのが「十二単」である

袿の上下に重ねることを「重ね(かさね)」といい、一方袷の表地と裏地の色の
取り合わせによって透けて見える具合を「襲(かさね)」と言う

十二単は20kg程あり、春用、夏用、秋用、冬用があった

襲の色目(かさねのいろめ)は四季折々の変化をその様相の比喩表現によって色彩として感じ取ってきた日本人が作り上げてきた配色法です。

日本の染織の中でも特に十二単に見られる最も大きな特徴は、快適さを求めて四季に応じた生地や仕立ての選択が行われているだけでなく、美意識の反映として、それぞれの季節にふさわしい色や模様が選ばれ使用されてきました。

想い出深いお雛様の雛人形の衣装が、実はほとんどが十二単を着用しております。


  • -ラリアンス

  • -ラレンツァ

  • -タピルージュ

  • -屋形船 濱田屋

  • -料亭 波むら

  • -アンティカ・オステリア・デル・ポンテ

  • -パッション

  • -中清(なかせい)

  • -ル・プティ・ブドン

  • -月見草

  • -松葉屋

  • -吉幸(きっこう)

  • -瓢庵(ひさごあん)

  • -ルビージャックス

  • -ラ・ブラスリー

  • -茶寮一松

  • -アグネスホテル東京

  • -カナルカフェ